1. 総合情報サイトTOP
  2. メディアの方へ
  3. 辻調塾
  4. 辻調<新>塾~東京~
  5. 10月19日(金)/辻調<新>塾:「イタリア料理<修業>を超えて」澤口恵一さんを迎えて

10月19日(金)/辻調<新>塾:「イタリア料理<修業>を超えて」澤口恵一さんを迎えて
2012年10月25日

  • mixiチェック

10月19日の辻調塾のテーマは、「イタリア料理<修業>を超えて
------イタリアで働く日本人コックへのインタビューから--−--」。


大正大学の人間学部の澤口恵一さんをお迎えして、澤口さんがこの数
年、取り組んでいらっしゃる研究の途中報告という形でお話をお聞き
しました。


澤口さんは大正大学にて、社会学的なアプローチで、日本におけるイ
タリア料理の職人たちのキャリア形成について聞き取り調査、分析を
行い、その結果を2010年、12年と2冊、報告書にまとめています。


『日本のイタリア料理産業とコックたち------産業史と人生史の視点
から------ PARTⅠ,Ⅱ」という報告書のタイトルからもわかるように、
日本におけるイタリア料理店を、ひとつの「産業」と捉える視点の新
しさと、そこでの働きや、修業(イタリア現地での修業、あるいは定
住や開業なども含め)を、料理人の人生史という観点で、さまざまな
世代にアプローチしていく、いままでにない画期的な調査研究です。


今回、日本国内での調査を踏まえ、イタリア現地での調査を通して、
イタリア本国でのさまざまな修行の形態、また現地でシェフをまかさ
れている料理人や、自らの店を開業している日本人の職人の実態にせ
まっています。


澤口さんは、現地での「ゲストワーカー」としての日本人、現地開業
の難しさについての報告とともに、「修業」という言葉の意味やこの
日本人独特の感覚について掘り下げ、「労働」ではない、イタリア現
地での「修業」の意味をあぶりだしていこうと、されています。


今回は、ジャーナリストの方々も多数参加され、メディアの取材とは
アプローチの違う学術的な手法での聞き取り調査に対して、活発な質
問、感想が会場から出ました。


最後に、恒例の交流会では、「イタリア」をテーマに、辻調OBの代
官山「蜜香」さんのイタリア三色旗をイメージした素敵なデリバリー
が大好評でした。

ページの上部へ戻る