1. 総合情報サイトTOP
  2. 校長 辻芳樹 WEBマガジン
  3. 03 伝える
  4. 大阪観光局・大阪MICEビジネス・アライアンス主催セミナーで講演

大阪観光局・大阪MICEビジネス・アライアンス主催セミナーで講演
2020年01月15日

  • mixiチェック

1月14日、大阪観光局・大阪MICEビジネス・アライアンス主催の定例会セミナーにて、辻芳樹校長先生が講演を行いました。開催場所は、G20 大阪サミットで首脳夕食会が行われた大阪迎賓館。約半年ぶりにこの地を訪れました。



講演のテーマは、
「日本の食の魅力や外交舞台での食の役割について ~G20大阪サミットを振り返って~」

まずはじめに、日本列島の地形から生み出される豊富な食材を使った日本料理の歴史を紐解きました。そして江戸時代には全国から食材が集まり「天下の台所」と呼ばれた大阪が各地域の文化や食を結ぶ役割をも担っていたというエピソードになぞらえ、G20大阪サミットの首脳夕食会でも、全国の食材を使い、大阪をプラットホームにして"日本"をPRすべく料理を考案したことを説明しました。



また2000年の九州・沖縄サミットの首脳晩餐会も監修した経験から、G20との違いについて4つのキーワードをあげました。

*ハラール、ビーガンなど食べる人の食文化を尊重する「ダイバーシティ」への対応
*大阪をプラットホームにした「日本のPR」=大阪のPR
*国際的な調達コード「サスティナビリティ」を意識した食材の使用
*警戒レベルの高い国際会議や催事における「食品防御・フードテロ対策」徹底



多くの方にご参加いただき、ここでしか聞けないG20の裏話も披露しました。

今回のG20 大阪サミットでの経験が、2025年の大阪万博や今後の国際的な催事に向けた取り組みのヒントになればと願っています。また、一過性のものではなく、継続的な取り組みが必要であり、私たちも職業教育を担う教育機関としてできる限り尽力していきたいと結びました。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る