1. 総合情報サイトTOP
  2. メディアの方へ
  3. ニュースリリース
  4. ニュースレター
  5. 辻調グループNEWS LETTER vol.37(R.L×辻製菓専門学校 ワッフル提案)

辻調グループNEWS LETTER vol.37(R.L×辻製菓専門学校 ワッフル提案)
2021年06月11日

  • mixiチェック

<R.L×辻製菓専門学校 プレミアムワッフルプロジェクト>
学生がR.L30周年記念プレミアムワッフルを提案
プレゼン大会にて12月販売を目指す上位6品が決定
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
辻製菓専門学校(大阪市、校長:辻芳樹)は、「ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)」 (運営:株式会社 新保哲也アトリエ、本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:新保哲也、以下R.L)の30周年記念プロジェクトに参加し、12月の商品化に向けて、学生によるプレミアムワッフルの商品提案を行いました。

「今まで食べたことのないようなプレミアムな味、心に残る味」を届けたいというR.Lの想いに賛同した本校の学生たちが2人1組のチームを組んで提案した商品は全60品で、その中から学内審査、R.L審査を経て選ばれた15品について、プレゼン大会が開催されました。本大会では、R.Lの商品をよく知り、様々なスイーツを食べ歩いているスイーツインフルエンサーの3名を特別審査員として迎え、R.L常務取締役の小島保人様、R.L Production Groupシニアマネジャーの田村貴様に、本校の教員も加わり、最終審査を行いました。



見事1位に輝いたのは、製菓技術マネジメント学科2年生の辻心晴さん、西部美世さんチームが考案した「ジャンドゥージャフランボワーズ」でした。チョコを練り込んだ生地の黒色とフランボワーズクリームの赤色でR.Lのロゴをイメージしたという2人の1品は 「生地のフワフワ感とジャンドゥージャのザクザク感とクリームの酸味が絶妙なバランスで、非常に完成度が高い」 と審査員から評価していただきました。本大会の上位6品については、R.L30周年記念商品として12月の販売を目指します。



=プレゼン大会最終審査概要=
【実施日】2021年5月29日(土)
【特別審査員】
__・スイーツコンシェルジュ/磯貝 由起様
__・インスタグラマー/スイーツ王子いでくん様
__・インスタグラマー/kazuhikoo333様
【審査員】
__・R.L常務取締役/小島 保人様
__
・R.L Production Group シニアマネジャー/田村 貴様
__・辻製菓専門学校 副校長/立嶋 穣
【内容】学生によるプレゼン発表と実食審査
【評価】味、見た目、創作性の合計ポイントで評価


【1位】 ジャンドゥージャフランボワーズ



辻心晴さん・西部美世さんのコメント
「初めて商品開発をしてみて、自分の頭の中で考えていても、いざ作ってみると色んな問題が生じ、それをどう解決していくか、どうしたら全体のバランスがとれるかなど、沢山考えることがあり、商品開発の難しさを実感しました。しかし、自分たちのイメージに近づいた時にはとても達成感があり、楽しさも実感できて大変貴重な経験となりました。工夫したのは、ジャンドゥージャにパイエットフィアンティーヌを入れてサクサク感を出し、見た目や味だけでなく、食感でも楽しんでもらえるようにしたこと。ジャンドゥージャをどのようにしてワッフルに取り入れるか、フランボワーズの酸味とどうバランスをとるかについてはとても苦労しました。1位に選ばれて信じられない気持ちと、それ以上に2人で一緒に沢山試行錯誤しながら考えて試作してきたので、嬉しい気持ちでいっぱいです。」

コロナ禍の影響もあり、わずか3週間、放課後の2時間だけ、という限られた時間のなかでの挑戦でしたが、学生たちは試行錯誤しながら試作を繰り返し、生地を独自の配合で仕上げたり、栄養面や食感に工夫を加えたり、食材を斬新に組み合わせるなど様々なアイデアをもって取り組み、大変よい学びの機会となりました。


<お問合せ>
辻調グループ企画部:渡邉、尾藤
TEL:06-6629-0206
E-mail:tsujichopress@tsujicho.com

辻調NEWS LETTER Vol.37

カテゴリ

ニュースリリース
辻調塾

最近の投稿

ニュースリリース
辻調塾

過去の記事

ページの上部へ戻る