1. 総合情報サイトTOP
  2. 校長 辻芳樹 WEBマガジン
  3. 01 語る

ダイヤモンド社発行『レガシー・カンパニー5』の巻頭インタビューで、辻芳樹校長先生のインタビュー記事を掲載していただきました。本校の教育に対する考え方やこれからの料理人に求められることなどについて語っています。ぜひご一読ください。『レガシー・カンパニー5』―世代を超える永続企業 その「伝統と革新」のドラマ2020年10月27日発行編者:ダイヤモンド経営者倶楽部発行:ダイヤモンド社定価:1700円+税

BSフジの番組「「小山薫堂 東京会議」から生まれた新番組「東京会議 presents リモートシェフ」に、辻芳樹校長先生が出演しました。(2020年8月8日放送)この「リモートシェフ」は、シェフが料理を作るのではなく、第三者にリモートでレシピを伝え、料理を作らせる新感覚の料理番組です。今の時期にピッタリ!と思いきや、小山薫堂さんは10年も前から構想されていたとか。辻芳樹校長先生も「非常に面白い企画

中国のテレビ番組「首席旅行官」(「Travel with CEO」)に辻芳樹校長先生が出演しました。大阪の街や食を紹介する番組のなかで、Fu JunさんとWu Jinさんが辻調理師専門学校を訪ねてくださいました。本校で学ぶ学生の授業を見学したり、レストランシミュレーション授業にもお客様役として参加してくれました。辻芳樹校長先生は、本校の理念や教育内容、日本の食について語りました。この番組はこちらで

食に関するWEBサイト「Foodion」に、辻芳樹校長先生と「ad hoc」高山龍浩シェフとの対談を掲載していただきました。G20大阪サミットの首脳夕食会でタッグを組んだ2人からどんな話が展開されたのか、ぜひご一読ください。 レストランにおけるインバウンド対策の意外な答えとは辻調理師専門学校 辻芳樹×ad hoc 高山龍浩https://foodion.net/journal/foodionarc

ポール・ボキューズさん。世界は、精神的な父であるフェルナン・ポワンのあとを継ぎ、現代フランス料理を牽引してきた偉大な「父」を失いました。フランス料理が世界に冠たる存在であり、ご自身がその中心にいるという圧倒的な自信があったからこそ、他の料理や新しい料理を排除することなく、フランス料理の扉を世界に開け放って、次代の才能を生み出す肥沃な土壌を作り上げられた、という意味で、本当に大きな存在だったと思いま

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る