1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 00<メディア登場料理>
  4. 【落語食堂】煎り卯の花  2012/6/19掲載

【落語食堂】煎り卯の花  2012/6/19掲載
2012年06月19日

  • mixiチェック

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調理師専門学校の先生が再現し、
落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。

第3回目の噺は『青菜』。
家に帰った植木屋が、友達の大工を呼んでまたまた一杯。家でのアテは、“鯉の洗い”ではなく、
“おから”だったのです。 

  

[煎り卯の花] 

IMG_8191.JPG



材料● (4人分) 



おから・・・・・・200g
海老・・・・・・・4尾
人参・・・・・・・1/4本
玉葱・・・・・・・1/4個
干し椎茸・・・・・4枚
絹さや・・・・・・4枚
おの実・・・・・・小さじ1
煮汁
_だし汁・・・・・500cc
_椎茸の戻し汁・・50cc
_砂糖・・・・・・大さじ3
_みりん・・・・・45 cc
_塩・・・・・・・適量
_薄口醤油・・・・60cc
サラダ油・・・・・適量

 

●作り方●
(1) おからをざるに入れ、ボウルにためた水の中でほぐす。ざるに通ったおからを水ごと、さらしを敷いたざるにあけ、さらしで包むようにして水気をしぼり、細かくほぐす。
(2) 海老は殻をむき、水で洗って水気をよくふき取り、適当な大きさに切る。
(3) 人参はあられ切りに、玉葱はみじん切りにする。
(4) 干し椎茸は水につけて戻し、戻し汁を取っておく。熱湯でゆで、5mm角のさいの目切りにする。
(5) 絹さやは筋を取り、適当な大きさに切る。
(6) 鍋にサラダ油適量を熱し、海老、人参、玉葱、干し椎茸を炒め、しんなりしたら、おからを加えて炒める。煮汁を加えて中火で約15分煮る。煮汁がほぼなくなれば、絹さや、おの実を加えて仕上げる。
(7) 器に盛り付ける。


※胡麻油で炒めてもよい
 

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る