1. 総合情報サイトTOP
  2. 辻調の本

新刊のご紹介

定番おかず おいしい基本

辻調理師専門学校 編


発行年月日 2016年9月27日
出版社 学研プラス
定価 1300円+税

家庭の食卓に上るおかずをもっとおいしく。プロならではのコツやポイントを交えながら、定番のおかずの作り方を詳しい手順写真付きで紹介します。月刊テレビテキスト『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』の連載をまとめた一冊。 料理製作:[日本料理]岡本健二 [西洋料理]若林知人、小池浩司 [中国料理]宮崎耕一

シェフズテーブル 料理に人生をかけた最高峰シェフ10人のストーリー

「ヒトサラ」編集部 編 


発行年月日 2016年4月 5日
出版社 KANZEN(株式会社カンゼン)
定価 1700円+税

グルメサイト「ヒトサラ」編集部が企画するトーク番組「シェフズテーブル」を再構成して書籍化したもの。「スマホでUSEN」で配信された中から、10人分をまとめている。今、注目されているシェフの修業時代のことや料理に対する考え方、社会との関わり、新たなチャレンジなどが、ヒトサラ編集長小西克博氏とのやりとり

新しい中国点心―生地からわかる基本とバリエーション

辻調理師専門学校 監修
吉岡勝美 著


発行年月日 2015年11月20日
出版社 柴田書店
定価 6200円+税

生地で餡を包むものが点心には多く、生地と餡の組み合わせで多彩な製品を生み出せることが点心の大きな魅力となっている。このため、基本の生地と餡の扱いは重要で、本書ではその説明に紙幅をさいている。 生地は、基本の生地の質感と特徴がわかるよう構成し、餡は生地や別の餡との組み合わせを意識して、甘くない生餡・甘

完全改訂版 食材大図鑑 マルシェ

辻調理師専門学校 監修


発行年月日 2015年10月 6日
出版社 講談社
定価 4500円+税

1995年の発売以来、世界の食品を紹介する「図鑑」として長く親しまれていた『料理材料大図鑑 マルシェ』の改訂版。日本料理、西洋料理、中国料理、エスニック料理などに使われる1800点もの食材を500ページにわたり紹介するビジュアル大図鑑。野菜や果物の新たな品種から、ジビエやブランド豚、熟成肉なども網羅

教養のフランス近現代史

杉本淑彦、竹中幸史 編著


発行年月日 2015年6月25日
出版社 ミネルヴァ書房
定価 3000円+税

大学の教養教育のために編まれたフランス近現代史のテキスト。ルイ14世治下の17世紀から20世紀までの政治社会史に加えて、「料理」「モード」「絵画」、さらにフランスをフランスたらしめている移民や自動車・原子力産業、そして現代思想など広義の文化の歴史にもほぼ同じ頁をさくという意欲的な構成になっている。相

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る