1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 00<メディア登場料理>
  4. 【落語食堂】肝吸い  2012/7/17掲載

【落語食堂】肝吸い  2012/7/17掲載
2012年07月17日

  • mixiチェック

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調理師専門学校の先生が再現し、
落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。

第4回目のお噺は『遊山船』。
夕涼みの船見物をしている喜六、清八。二人が見物している屋形船では鰻が登場します。
鰻の胴部分を食べたことのない清八。きっとよだれを垂らして、屋形船で振る舞われる料理を
眺めていたのでしょう。


 rakugo-kimosui.JPG



材料● (4人分) 

鰻の肝・・・・・・・・・・・・・4尾分

庄内麩・・・・・・・・・・・・・・1枚

三つ葉・・・・・・・・・・・・1/2束

柚子・・・・・・・・・・・・・1/2個

吸地

_だし汁・・・・・・・・・・900cc

_塩・・・・・・・・・・・小さじ1/3

薄口醤油・・・・・・・・・・・・5cc

 

 

●つくり方●

①鰻の肝は下処理をし、水にさらす。熱湯でゆで、水に落として冷ます。

②三つ葉は軸だけにして、1.5cm長さに切る。

③柚子は皮をへぎ、さっと水で洗い、水気を取る。

④吸地のだし汁を温めて塩を入れ、沸騰したら味を確かめて薄口醤油を加え、火を止める。

⑤椀に肝と三つ葉を盛り、熱い吸地をはる。吸口に柚子をのせる。


カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る