1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど

5月15日の<グレーテルのかまど>は、私たちにも関係の深いフランス第2の都市リヨンの象徴的なお菓子が登場しました。 リヨンは美食の都としても有名な都市です。 「ブション Bouchon」と呼ばれるリヨン風ビストロが軒を連ねる通りや 世界遺産にも指定された風情ある街並みの旧市街。 美味しそうな数々のお菓子が店頭に並ぶお菓子屋さんも数多くあります。 そんななかにひときわ目をひく鮮やかなグリーン色で少し

この竜のぬいぐるみを目にしたことある方はいらっしゃいますよね。 そのとおりです。 この竜を救うために少年エルマーが大活躍するお話「エルマーのぼうけん」です。 そして、グレーテルが書き残したメッセージがこちら。 「ワニも竜も夢中になるあの味・・・」 少年エルマー + ワニも夢中になる味 = ぼうつきキャンデー ということで8日の<グレーテルのかまど>は「エルマーのぼうけんの"ぼうつきキャンデー"」

昨日5月1日放映の<グレーテルのかまど>いかがでした? グレーテルのメッセージは「白か?黒か?」。  ヘンゼルは懐かしい紙相撲をして遊んでいましたよね。 はい、当然相撲の話です。 今回、紐とかれたのは元大関琴欧州こと、鳴戸親方の"ゼブラケーキ"。 鳴戸親方はブルガリア出身の力士。 そして今日ヘンゼルが作るこの"ゼブラケーキ"はお母さんとの絆をつなぐケーキだったのです。 では、早速作っていきます。

今週の<グレーテルのかまど>、いかがでした? 今回スポットを浴びた人物は、日本文学の巨匠永井荷風。 フランスやアメリカでの生活経験があり、二度の離婚を経験した荷風。その後生涯を"一人"の生活を貫きました。 小説を書くかたわら自宅の一隅を"断腸亭"と名付け、自らをそこの主人とし、 1917年から1959年になくなるその前日まで『断腸亭日乗』という日誌を書き続けました。 この中に書かれているのはなんの

4月10日放映の「グレーテルのかまど」いかがでした? 今回は先週のマリー・アントワネットの母君、マリア・テレジアがこよなく愛したお菓子 "ミルヒラーム・シュトゥルーデル"でした。 グレーテルの残したメッセージは「賢い女はリサイクル」。  "ミルヒラーム"とはミルクのこと、"シュトゥルーデル"は渦巻きの意味です。 ミルクをたっぷり含んだフィリングを、パリパリのパイ皮で包んだお菓子です。 このフィリン

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る