1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ

師走ですね。クリスマスも近づいています。 今週の月曜日、11日放映の<グレーテルのかまど>はちょっと早めのクリスマス気分を味わうことのできた内容でしたね。 はい、ということでこの日グレーテルが残したメッセージ「ひと足早い クリスマス☆」。  このクリスマスは私たちに馴染みのあるクリスマスではなく、 12月6日にフランスのアルザス地方などでお祝いされる『聖ニコラウスの日』のことです。 聖ニコラウスは

秋も深まってきましたね。 秋の夜長は<グレーテルのかまど>がより恋しくなりませんか? さて、昨日の<グレーテルのかまど>いかがでしたでしょう? 「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」という冒頭の一文をご存知ないかたはいらっしゃらないでしょう。 そして、この有名な詩以外にも「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」等々。 童話とも寓話ともとれる素晴らしい作品を残した宮沢賢治が主人公でした。 グレーテ

「元始(げんし)女性は実に太陽であった」。 これは戦前から戦後にかけて女性の権利を獲得するために闘ったカリスマ、平林らいてうの言葉です。 NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」にも登場した人物ですよね。 この日のグレーテルのメッセージは「黒く輝く愛をちょうだい!」 しかも、グレーテルは指輪を忘れて出かけました。その指輪はオニキス(黒瑪瑙)。 黒くて艶々しています。これは忘れていったのではないですね。 メッ

16日の<グレーテルのかまど>、可愛かったでしょう? 何が?って。 ミッフィーです。 つぶらな瞳とバッテンの口で世界中に愛されている絵本の主人公。 紐解いたのはこのミッフィーの生みの親、オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが生涯愛したスイーツ、バタークッキーです。 まずはグレーテルのメッセージから。                  「しあわせの色は何色?」   ディック・ブルーナさんが絵本の

昨日、10月9日放映の<グレーテルのかまど>いかがでしたでしょう? グレーテルの書き残したメッセージはこちら。 「恋するハナは美しい」                         「ハナ」はハナでも「花」ではなく、「鼻」でした。 これは自分の大きな鼻にコンプレックスを持つ剣豪シラノ・ド・ベルジュラックが主人公の17世紀を舞台にした戯曲に 登場する"アマンディーヌ"が今宵のお菓子です。 このスイ

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る