1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 新聞
  4. 落語食堂
  5. 『落語食堂 らくしょく』開店!(56日目)

『落語食堂 らくしょく』開店!(56日目)
2017年02月07日

  • mixiチェック

毎日新聞夕刊(関西版)2/7(火)号に掲載されている『落語食堂』
さて、落語食堂<らくしょく>開店です!





今回の落語は、「初天神」

父親が天満宮に行こうとしたところ、奥さんから息子も連れていくように言われる。
息子は口が達者で、父にあれがほしい、これがほしいと買い物をねだり・・・



今回、落語の世界観を表現してくれたのは日本料理・竹本先生

さっそく、登場人物の息子の話になり・・・
吉坊さん「ムカつくようで、愛らしさもありますねぇ。
外面がいいでしょう 笑。」
子供が大人を翻弄する。竹本先生の感想はいかがでした?」
竹本先生「まずですね、料理が少し出てくる内容でよかった 笑。
ひねりがいがあります。」



まずは、梅酒から。

吉坊さん「あますぎず、おいしい。」


次は、日本酒「梅鈴」 愛媛のお酒です。






吉坊さん
「大きいお猪口!香りがいいですね~。寒いので燗ですね。」

※取材日当日は、とても寒い日でした。






それでは、1品目。「すっぽんべっこう焼き」






吉坊さん「何でしょう?これ?」

竹本先生「鍋に使うかも・・・」



吉坊さん
「スッポン!」

竹本先生「正解!息子が父親にねだって買ってもらった飴からイメージして、
黄身味噌漬けにしました。飴に見立てています。
ゼラチン質なので、温かいお酒と合います。」
吉坊さん「さっぱりしてから、次に行く、という感じですね。」








2品目です。「小芋のみたらし団子」



落語では、みたらし団子が出て来ましたが今回は芋を揚げたものです。

竹本先生のひねりを感じますね。





吉坊さん「中がフワフワで、おいしいです。」

とここで、竹本先生が目を輝かせながら・・・!
竹本先生「いつもに比べて、今回は思いつきました!」
吉坊さん「やっぱり食材が出ると違う 笑」






3品目です。「蛸変わり揚げ」






今回は、思わずじーっと見てしまう料理が多いような。

竹本先生「今回は飴とみたらし団子だけが出てくる食べ物だったので。」
吉坊さん「揚げたタコ?凧揚げにちなんでですね。」
竹本先生「メレンゲで揚げています。ちょっと軽めです。」









とここで、またまた息子の話に戻り・・・

吉坊さん「おとっつぁんとの会話で、息子はバカにはしていないんですよね。
悪い子ではないと思います。演じる際にはかわいげが大事だと思います。」



ここから、「教える」ことについて話題がかわり。
竹本先生「"怒る"のではなく、"叱る"ことが大事。また人に憧れる気持ちも大事。」
吉坊さん「師匠が着替えをしていて、すごく自然な所作で着替えを手伝う兄弟子
を見ると、すごいなぁと思いますね。」
竹本先生「分かります。講習授業では、助手の動きがとても大事なので。」


落語家と料理人の先輩&後輩にもまだまだ共通項がありますね。


今回の落語食堂はここまで!
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


次回の落語食堂もどうぞお楽しみに!

くわしいレシピはこちらです。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る