1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. "グレーテル"のスタジオから【エルマーのぼうけんの棒付きキャンデー】

"グレーテル"のスタジオから【エルマーのぼうけんの棒付きキャンデー】
2017年05月09日

  • mixiチェック

この竜のぬいぐるみを目にしたことある方はいらっしゃいますよね。

そのとおりです。

この竜を救うために少年エルマーが大活躍するお話「エルマーのぼうけん」です。

そして、グレーテルが書き残したメッセージがこちら。

「ワニも竜も夢中になるあの味・・・」

少年エルマー + ワニも夢中になる味 = ぼうつきキャンデー


ということで8日の<グレーテルのかまど>は「エルマーのぼうけんの"ぼうつきキャンデー"」を紐ときました。

ワニに捕えられた竜のはなしを聞き、竜を助けに駆けつけるエルマー少年。

2ダースもの"ぼうつきキャンディー"でワニを誘い、「ワニの橋」を造ってしまいます。

今回は食べ終わるのにさらに時間のかかる楽しいキャンディーをつくろうということでキャンディーINキャンデーを作ります。

砂糖、水、ストロベリーシロップに水あめを加えてパリッと仕上げます。

 
*レシピ指導:秋元慎治先生(エコール辻東京)

濃いめのピンクの飴をつくり、常温で固めます。


イチゴをキャンデーに閉じ込めるという冒険をしてみます。

フルーツは水分をいっぱい含んでいますので、そんなに簡単なことではないのです。

ましてやキャンデーに閉じ込めるとするのならイチゴをスライスするのでさらに大変。

イチゴの見た目はそのままで水気を抜いてしまいましょう。

イチゴを3mmぐらいの厚さに切り、バットに並べて粉砂糖をふって5分ほど置いておきますと浸透圧で水分がしみだします。

そして、さらにひと手間を。

低温(60℃)のオーブンで乾燥焼きにしてドライフルーツのイチゴを作ります。

 
 

ドライフルーツにしたイチゴのスライスを飴に閉じ込めて完成。

 

エルマー少年と竜は"ぼうつきキャンデー"のおかげで救われました。

竜は背中にエルマー少年をのせて家に帰りつきます。

そして、お別れの時もまたエルマー少年と竜は"ぼうつきキャンデー"を食べるのです。

なんか子供の頃のワクワクした感じを思い出しましたね。

素敵な時間でした。

 




月曜日の夜は、グレーテルのかまどをお楽しみに!
--------------------------
『グレーテルのかまど』
毎週月曜日放送  22:00~22:25 【NHK Eテレ】
再放送毎週水曜日 10:25~10:50【NHK Eテレ】

★辻調「グレーテルのかまど」スペシャルサイトはコチラ↓
http://www.tsujicho.com/media/tv-info/gretel/index.html

番組公式HPはコチラ↓http://www4.nhk.or.jp/kamado/外部リンクへのリンクです。




カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る