1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 15<食の豆知識>エスプリ

仮面たちの舞台裏 <【ひとくちのエピソード】ってどんなコラム?> イタリアの娯楽のひとつに即興喜劇がありました。 広場を占拠して即興劇を演じ、金をもうけているのはプロの芸人たち。 今日も広場をジャックして、楽しい時間のはじまりはじまり。 移動式テントに集うのは、いつもと同じキャラクター。 太郎冠者に次郎冠者。身につけた仮面と服装で、みんなそれが誰だかわかるのです。 いつも似たようなシュチュエーショ

だんごのはなし <【ひとくちのエピソード】ってどんなコラム?> 北イタリアはロミオとジュリエットの町、ヴェローナ。冬の終わりのカーニバルには、町のみんながお待ちかねのあの人。王冠代わりに大きなシルクハットをかぶって、赤ら顔にサンタのようなふわふわ白い髪とひげ。おっとりした、もしくはもっさりしたハートのキングとでもいいましょうか。股の下でラバがゆったり上下に揺れながら進むたび、大きなお腹もふるふる揺

彼岸にかかる橋   <【ひとくちのエピソード】ってどんなコラム?>   顎を揺らしてカタカタ笑うしゃれこうべも 赤い光を漏らすカボチャ頭のジャック・オ・ランタンも もう店じまい 鋭い牙のドラキュラも 蒼い顔したゾンビも 魔法の解ける朝まで踊り狂ったら 棺桶に 土の中に還って さあ一年後までおやすみなさい 大騒ぎが終わったら 長靴の半島に橋がかかって 果物手にあの人が いよいよか

海の怪物たち <【ひとくちのエピソード】ってどんなコラム?> 黄ばんだ羊皮紙にセピア色のインクで描かれた古い海図。 風の薔薇と呼ばれる羅針図が幾何学的な花びらで方位を示し、ガレー船が海原を漂う。 巨大なロブスターが海に落ちた人間を襲い、 クジラのごとく潮を吹く半獣半魚の怪物が、そのロブスターに襲い掛かる。 帆船を海中へと引きずり込むのは、船首に、マストにからみつく、吸盤のついた巨大な脚。 ©man

橘の乱   <【ひとくちのエピソード】ってどんなコラム?>   「そりゃ、もちろん痛いよ! 何百人もが診てもらいに行くんだから。 でも本当に治療が必要な人なんて、一割くらいのもんだよ」 数百人のうちの一割に治療が必要って、それは尋常ではないでしょう、というと、 そりゃそうだと彼は笑った。 ピエモンテ州、イヴレーアIvrea。 世の中にはいわゆる、とんでもないお祭りというものがあ

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る