1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 06<中国>好吃(ハオチー)!中国料理!

<【好吃(ハオチー)!中国料理】ってどんなコラム?> 今回は、粉蒸肉(フェンヂョンロウ)の「豚バラ肉の米粉蒸し」という料理を紹介させていただきます。「粉蒸肉」は中国全土で食べられているポピュラーな料理です。粉蒸という言葉を初めて聞かれた方も多いと思いますが、中国語で粉蒸(フェンヂョン)と読み、米粉を加えて蒸した料理の調理法の呼び名です。米粉はよく水分を吸うので、材料から出た旨みと調味料の味を蒸

<【好吃(ハオチー)!中国料理!】ってどんなコラム?> 中国料理といえば、かつてはラーメン、チャーハン、餃子、一昔前は麻婆豆腐にエビチリ、青椒肉絲、近年ではよだれ鶏やユーリンチーと、「日本人に合わせた中華料理」から「現地の再現」まで、幅広く普及し、日々深化を続けています。(左)餃子 (中)麻婆豆腐 (右)よだれ鶏1970年代までの大皿で豪快にこってりおいしいといった料理から、バブル期には希少価値・

<【好吃(ハオチー)!中国料理】ってどんなコラム?> 日本には「一汁三菜」という言葉があります。これはご飯に対して、1品の汁物に3品のおかずをつけることを意味します。実は中国にも、「三菜一湯(サン ツァイ イー タン)」という似た言葉があります。「菜(ツァイ)」はおかず、「湯(タン)」はスープを表し、日本と同じで、3品のおかずに1品のスープ、これがバランスのとれた食事の基本と考えられているのです。

<【好吃(ハオチー)!中国料理】ってどんなコラム?> 你好嗎?「ネイ ホウ マァ」:元気ですか?(広東語でご挨拶させていただききました)お久しぶりです。コラムの担当は今回で2回目になります、鮫島貴洋です。宜しくお願いします!前回のコラムを書かせていただいてから色々ありました...あの時に比べてたくさんのことを経験し、成長しました。今回は、その中から気になる点心を紹介したいと思います。ところで、今年

<【好吃(ハオチー)!中国料理!】ってどんなコラム?>2016年、元旦。香港広東料理のルーツを辿る為、広東省、潮州・汕頭を訪れました。香港の広東料理は、潮州、広州、東江等の地方料理や、イギリスをはじめとする欧米の食文化が合わさり、形成されています。中でも海産物を調理する技術は、潮州から持ち込まれたのではといわれており、香港の西貢と同様の光景が潮州全体に広がっています。<西貢><潮州>テレビ等で中国

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る