1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 05<日本>それゆけ!じゃぱに~ずクッキング♪

<【それゆけ!じゃぱに~ずクッキング♪】ってどんなコラム?>●鰆と芹の蒸し物●は~るよ来い 暦の上では春ですね~。でも、まだ寒いですよね~。早く暖かくなってもらいたいのですが、実は私花粉症なのです。 (>_<) スギ・ヒノキの花粉が飛び始める季節は、非常に辛いです。薬を飲んではいますが、毎年悩まされています。コラムを読んでくださっている方の中にも、おそらく何人かはいらっしゃるでしょう。

<【それゆけ!じゃぱに~ずクッキング♪】ってどんなコラム?>もう何十年も前のことなのに、自分が学生だったころをありありと思い出させてくれる料理があります。 ●鉄火巻き●高校を卒業して初めて大阪に出てきた僕は、中之島にあった寿司屋に住み込みで働きながら、毎日元気に辻調に通っていました。中之島は金融・証券系の会社が立ち並ぶビジネスの中心地。景気が良かったので、夕方になると仕事を終えたサラリーマンたちが

<【それゆけ!じゃぱに~ずクッキング♪】ってどんなコラム?>●鴨のしゃぶしゃぶ●しゃぶしゃぶ 日本料理の料理名にはいろいろなものがあり、地名に由来するもの、人名に由来するもの、器に由来するものなど、多岐にわたります。 今回紹介する「しゃぶしゃぶ」も変わった名前の一つです。鍋の中でしゃぶしゃぶと洗うような仕草からついた名前だという説があります。見方を少し変えると、だし汁の中で、牛肉や豚肉などに火を通

<【それゆけ!じゃぱに~ずクッキング♪】ってどんなコラム?>今回紹介するのは、「春雨入り茶碗蒸し」です。えっ、春雨? きっと多くの方が、そう驚かれるのではないでしょうか。でも僕にとっては、この春雨入り茶碗蒸しこそが普通なのです。皆さんが知っているいわゆる普通の「茶碗蒸し」に初めて出会ったのは、辻調に入学し、授業で茶碗蒸しを習ったとき。えっ、春雨が入っていない! そのことに、読者のみなさんと同じよう

<【それゆけ!じゃぱに~ずクッキング♪】ってどんなコラム?>前回に引き続き、思い出の味をご紹介しましょう。 ●さざえつぼ焼き● 幼い頃、父親に連れられていく場所といえば、地元、丹後の海でした。魚介類が多く潜む岩場のスポットを熟知していた父。「箱めがね」を歯形が残るほど噛んで固定し、海中を覗き見ます。物干し竿くらいの長さがある自作の竹ヤスを手に、海面から岩陰の獲物を狙うのです。その姿は幼い僕にとって

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る