1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 12<海外>とっておきのヨーロッパだより

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?> 皆さん"プリュノ Pruneau"をご存知ですか? フランス語で、プラム(プリュンヌ Prune)を乾燥させた食品のことを指します。 (左)プリュノ (右)プリュンヌ(プラム)。まだ色付く前の実がなっています 日本では「プルーン」と言う名前の方が、なじみがあるかもしれませんね。ヨーグルトなどに入れて楽しむ方も多いのではないでしょうか

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?> 栗のことを「マロン marron」と呼びますが、これはフランス語です。フランス語でマロンというと、「マロニエ marronier という木になる実」、もしくは「シャテニエ châtaignierという木になる実」のどちらかを指します。 マロニエはパリのシャンゼリゼ通りの街路樹として知られています。その実は1粒が大きく美味しそうですが、じつは

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?> 南フランス、コート・ダジュール(注1)の丘の上にある小さな町ムージャン Mougins。映画祭で有名な海沿いの町カンヌから、車で30分程山道を登ったところにあるこの村は、かたつむりのような渦巻き状の小さな路地が入り組む、静かで可愛らしい町です。 (左)小高い山の上にあります (右)入り組んだ小さな路地がたくさん 美しい町並みと南仏の

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?> フランス、リヨン1区の片隅に、ある女性料理人の名前がついた通りがあります。ウジェニー・ブラジエ Eugénie Brazier通り(注1)。この通りと交わるロワイヤル通りには、彼女が1921年に創業し、今も多くの人に愛されているレストラン『メール・ブラジエ Mère Brazier』があります。 (左)ウジェニー・ブラジエ通りの標識 (

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?>今から30年ほど前に、ドイツ南西部のオッフェンブルクという町にある「メツゲライ Metzgerei(肉屋)」(注1)で、ハムやソーセージ作りの修行をさせていただいたことがあります。私の専門はフランス料理ではありますが、この時の体験によってドイツのハムやソーセージといった食肉加工品の多彩さや味わいに魅せられ、現在に至っています。 ドイツの食肉加工

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る