1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 09<製菓>百人一首と和菓子

<【百人一首と和菓子】ってどんなコラム?> お菓子について 白い練切生地と抹茶風味の練切生地を使用し、市松模様に仕上げました。中餡の白漉し餡には生姜汁を加え、アクセントにしました。  「まつとしきかば」の「まつ」には、「待つ」と「松」をかけてあるので、市松模様に仕上げました。「いなばの山」は鳥取県東部にあり、11月頃には新生姜が市場に出回るようなので、中餡を生姜風味にしました。練切生地との相性抜群

<【百人一首と和菓子】ってどんなコラム?> お菓子について吉野といえば、和菓子の世界では葛粉をすぐに思い浮かべます。そこで、葛を使った葛焼き生地を、こなし生地で巻いたお菓子にしました。こなし生地のぼかし方は、夜寝る前に、ふと思いつきました。同時に、今回は物悲しい雰囲気の歌ですが、笑顔を届けるお菓子は、やはり、明るい雰囲気の仕上がりにしたいと思い立ち、黄色や赤色を使って、紅葉の雰囲気を演出することに

<【百人一首と和菓子】ってどんなコラム?>お菓子についてこの歌を読んで、浪間に漂うように、行方の分からない恋の不安を、抽象的に表現しました。豆辞典46 曽禰好忠(そねのよしただ) 生まれた年も亡くなった年もはっきりせず、両親の名前もはっきりしません。平安時代の歌人で、長保5(1003)年に70数歳で生きていたということが分かっています。 長い間、低い位にとどまっていたので、貴族達から軽蔑されたこと

<【百人一首と和菓子】ってどんなコラム?>お菓子について歌に出てくるさしも草=よもぎを、外郎生地に混ぜて、内ぼかしに使いました。言いたくても言えない恋心を、水紅色や本紅色に染めた生地で表わしました。さらに、中央を尖らせることで、燃える思いを炎に見立てて表現しました。豆辞典51 藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)  平安時代の歌人です。生まれた年は、はっきりしませんが、西暦998年に亡くなった

<【百人一首と和菓子】ってどんなコラム?>お菓子について冬の天の橋立をイメージして、お菓子を作成しました。 冷たい海を白い味甚羹と薄く水色に染めた味甚羹の張り合せで表現し、 海に浮かぶように繋がる松林として、抹茶の浮島生地を使いました。氷餅をかけて、雪が舞い、降り積もる様子を表わしています。豆辞典60 小式部内侍(こしきぶのないし) 平安時代の歌人です。万寿2(西暦1025)年11月に28歳前後で

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る