1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 新聞
  4. 『落語食堂 らくしょく』開店!(19日目)

『落語食堂 らくしょく』開店!(19日目)
2013年10月03日

  • mixiチェック

毎日新聞夕刊(関西版)10/1(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!
今回のお題は、「京の茶漬け」。


京都では、お客さんが帰るときに「ちょっと、お茶漬けでも。」とあいさつをすることがあったそうで・・・。今もその風習は残っているとか、残っていないとか・・・。
このお噺では、ある大阪の男が京都の知り合いの家から帰り際に言われる「お茶漬け」を
食べてみたいといういたずら心から、その茶漬けをごちそうになるお噺。
出てきた茶漬けは、ご飯にお茶がかけられたものとすぐきの漬物。


落語食堂では、大阪の男がその京都の知り合いに振る舞った「鯛」をも使って、
茶漬けを紹介しました。


今回の担当は、日本料理の松島愛先生。

 

 2013.10.03.rakushoku-1.JPG 


さてさて、対談もそろそろ始まるころでしょうか。

 





今回の対談、最初に「タイミング」の話になって・・・。
確かに、料理は、自分の目の前に出された時が、一番おいしい状態と
先生方から教えていただいているので、私もすぐに無言になって食べ始めます!!

みなさんは、どうですか?


さぁ、いよいよ料理も出てきました!
今回は、「鯛ご膳」。

 

2013.10.03.rakushoku-3.jpg 2013.10.03.rakushoku-4.jpg 2013.10.03.rakushoku-5.jpg


2013.10.03.rakushoku-6.jpg 2013.10.03.rakushoku-7.jpg 2013.10.03.rakushoku-8.jpg

 

この鯛茶漬けには美味しく召し上がって頂く秘訣があるんです!


【1】写真でもわかるように、必ず蓋がある茶碗を選んでください!

【2】熱い煎茶を用意する!

【3】お茶を注いだら、すぐに蓋をして30秒。

【4】ドキドキ・わくわくしながら蓋を開ける!(吉坊さんの表情に注目!!)


吉坊さんが蓋を取るとき、鯛の身がちょうどいい状態かどうか、
松島先生もドキドキ!

 

2013.10.03.rakushoku-9-.jpg


吉坊さんの表情からもわかるように、この鯛茶漬け食べてみたくなりませんか?
レシピも掲載しているので、ぜひ、チャレンジしてみてください!

 

さて、空っぽになった吉坊さんの茶碗ですが、
落語のお噺のとおり、茶碗を鳴らしてみたり、
ひっくり返してみたり、松島先生におかわりにねだったのですが、


2013.10.03.rakushoku-10.jpg


松島先生から一言。

「学校のおひつも空っぽなんです・・・(汗)」(笑)

 

お噺と同じようにおかわりをねだられて困ったところで・・・。
本日もお後がよろしいようで。


 『落語食堂』特設サイトはコチラ
今回のレシピ掲載はコチラ 

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る