1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど

1月13日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。心の中のふるさとの風景とともに愛し続け、ついつい頭をよぎってしまうほど大好きなお菓子の話。さて、グレーテルが残したメッセージは、「夜の川のように・・・」今宵ひもとくのは、「室生犀星のようかん」です。「ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの」古都・金沢を流れる犀川のほとりで生まれ育った詩人、室生犀星の有名な詩です。犀星は生後間も

あけましておめでとうございます!2020年がスタートしましたね。1月6日放送の<グレーテルのかまど>は、ご覧いただけましたか。誰かを想いながら作るスイーツは、格別な美味しさですよね。さて、グレーテルが残したメッセージは、「やいて、仲直り」今宵ひもとくのは、「上野千鶴子 母の焼きりんご」です。女性学、ジェンダー研究の第一人者である上野千鶴子さん。思春期のころ家事労働や専業主婦のあり方に疑問を抱き、専

12月16日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。豊かに、幸せになることを連想させるパン。作るときに儀式があるなんて、作ることも食べることも大切にしていることが伝わってきましたね。さて、グレーテルが残したメッセージは「心をこめて編んでほしい!!」今宵ひもとくのは、「チェコのクリスマス ヴァーノチュカ」です。中央ヨーロッパの国 チェコのクリスマスに欠かせないのが、レーズン入りの生地を編み込ん

12月9日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。何世代にもわたって守り続けられてきた酵母を使ったお菓子。この味を守りたいという人々の想いが伝わってきましたね。さて、グレーテルが残したメッセージは「今年は・・・ゴールド」今宵ひもとくのは、「イタリア クリスマスの"黄金のパン"」です。イタリアのクリスマスに欠かせないのが「黄金のパン」という意味を持つパンドーロ。ヴェローナのお菓子屋さんが発祥で

12月2日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。息苦しい隠れ家生活、極限の緊張状態と空腹の中でも共に分け合いスイーツを楽しもうとする心が、本当に美しく切ないお話でした。さて、グレーテルが残したメッセージは「最高の幸せって?」今宵ひもとくのは、「アンネ・フランクのフルーツタルト」です。ナチスのユダヤ人迫害を逃れ、オランダに移住したアンネ・フランクの一家は、1942年、ついにアムステルダム市内

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る