1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?> ここフランスでは、いろいろな魚が様々な調理法で食べられています。最近ではアジア料理ブーム、特に日本料理の寿司の影響で生魚を好むフランス人が増えているようにも思います。実際、フランス人はどんな魚、どんな料理法が好みなのか? フランス校フランス人職員の家族や親族、学校関係業者など老若男女70名にアンケートを実施してみました。    アンケート

【菓子まし娘のお菓子講座】ってどんなコラム? 菓子まし娘のパリブレスト・オ・フレーズ よもやま話 *作り方の方程式*  シュー生地+カスタードクリーム+イチゴのジュレ+イチゴの生クリーム=パリブレスト・オ・フレーズ   弥生:祐子~イチゴをもらったんだけど、何かイチゴを使った春らしいお菓子はないかね?? 祐子:そうですね・・・    あっ!シュー生地なんて使ったお菓子はいかがでしょう・・・?

毎日新聞(関西版)5/2(火)号に掲載されている『落語食堂』さて、落語食堂<らくしょく>開店です!今回の落語は、「近江八景」。ある男が遊女・紅梅と夫婦になる、と口約束をした。しかし友人から、すでに紅梅には他に相手がいる、と聞かされ・・・今回より、新たに日本料理・太田好成先生が担当です。落語の世界観を表現した料理の世界観をご紹介します。◎「鮎素揚げ筮竹たで味噌敷き」 ⇒ レシピはこちら◎「八景和え」

<【独逸見聞録】ってどんなコラム?> 複数の植物に由来するハチミツは、「ミッシュホーニッヒ(Mischhonig)」と呼ばれ、日本の「百花蜜」に該当する。これに対して、「単花蜜」は原則として1種類の蜜源植物から採取されたハチミツで、「ゾルテンホーニッヒ(Sortenhonig)」と呼ばれる。蜜源となる植物の種類によって、色調や粘度、透光性などの外観、芳香や風味などに、それぞれの特徴が顕著に現れる。

『落語食堂 らくしょく』開店!(58日目)毎日新聞(関西版)4/4(火)号に掲載されている『落語食堂』さて、落語食堂<らくしょく>開店です!今回の落語は、「百年目」。堅物で通っている大番頭。ところが大変な遊び人で、屋形船を借り、桜が満開の桜ノ宮へ向かうが・・・ 今回の落語の世界観を表現してくれた日本料理・中村泰弘先生の料理をご紹介します。◎「お花見の八寸 光琳笹に」   鯛の子の含め煮、手綱巻き牛

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る