1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど

12月10日放送の<グレーテルのかまど>、ご覧いただけましたか。絵本に登場するケーキが実際に食べられるなんて!みんなの想像と希望が詰まった夢のようなケーキが登場しました。そして、キッチンはすっかりクリスマスモード。さて、グレーテルが残したメッセージは「ことしは真っ赤でもりもり!」今宵ひもとくのは、「"くまのがっこう"のラズベリーのケーキ」です。大人気の絵本くまのがっこうシリーズの中でクリスマスの日

12月3日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。スペインの小さな村で生まれたお菓子が今も手作業で作られ、スペイン中で愛されているなんて、何だか温かいお話でした。さて、グレーテルが残したメッセージは「新食感を発明・・・¡Olé!」今宵ひもとくのは、「スペイン・幸せのポルボロン」です。およそ300年前、スペインの小さな村で生まれ、主婦の知恵で、村を支える一大産業に発展したお菓子が、ポルボロン。

11月19日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。想像しがたいほど大変な紛争地で、ほんの少し心を温めてくれたスイーツ。何年もの時を経てつながる親子のお話。涙が出ました。。。さて、グレーテルが残したメッセージは「ぬくもりの黄金ライス」今宵ひもとくのは、「サヘル・ローズの黄金のライスプディング」です。イラン出身のタレント、女優であるサヘル・ローズさんの思い出がいっぱい詰まったお菓子、それはイラ

11月12日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。死ねばみんな同じ。立場や身分も関係ない。メキシコ国民のアイコンとなっているガイコツは、死者を表すだけでなく、そんな考えの象徴だったんですね。さて、グレーテルが残したメッセージは「帰ってくるから パン」今宵ひもとくのは、「メキシコ"死者の日"のパン」です。11月のはじめ、メキシコで盛大にお祝いされるのが「死者の日」。日本でいうお盆のような慣習

11月5日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。幸せな記憶、楽しい思い出。皆さんにとって、何かの記憶を呼び覚ます味や香りって何ですか。さて、グレーテルが残したメッセージは「タイムマシーンをお願い!」今宵ひもとくのは、「マルセル・プルーストのマドレーヌ」です。マルセル・プルーストの長編小説『失われた時を求めて』は、上流階級で生まれ育った主人公の半生を描いた物語ですが、ここでタイムマシーンのよ

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る