1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど

月曜(10/2) 放映の<グレーテルのかまど>。 「1999年7の月に天から恐怖の大魔王が降ってくる」という予言で世界中の話題になり。 関連本も数多く出版された『ノストラダムスの大予言』。 16世紀のフランスで医師・占い師として活動したノストラダムス。彼はまた多くの料理本も書き残しています。 この夜の<グレーテルのかまど>はこのノストラダムスの著作を紐解きました。 グレーテルのメッセージ「天から美

月曜日は当然<グレーテルのかまど>ご覧になりましたよね。 今回はある意味ヨーロッパの食卓の「洗練性」の元になったと言っても過言ではない イタリアルネッサンスの大きな推進力となったフィレンツェの大富豪メディチ家のカトリーヌ・メディチ(=メディシス)の話。 まずはグレーテルのメッセージを見てみましょう。 「ルネサンスでひんやりショック!」 「ルネサンス」で、「ひんやりなろう」ってことですね。 というこ

8月21日放映の<グレーテルのかまど>は残暑厳しい日々にぴったりな 「雅(みやび)な世界」からのスイーツでした。 さて、この日グレーテルの残したメッセージはいつもどおり少々謎めいていました。 いつものことですが・・・ 「美しきもの、冷たきもの、甘きもの・・・」 この口調は? そうです。「春はあけぼの。ようよう白くなりゆく・・・」の清少納言。 ということでこの日のスイーツは<清少納言のかき氷>。 "

8月7日放映の<グレーテルのかまど>はあのスピルバーグ監督の名作「ジュラッシックパーク」からのスイーツでした。 「ジュラッシックパーク」にお菓子が登場しましたっけ?まずはすごい嵐の夜に出かけていったグレーテルが残したメッセージから見てみましょう。 「震えるほど怖い・・・?」 あれですね。そう、緑色のゼリー、です。 映画の中でこのゼリーが登場するのは恐竜から逃れホッとして緑色のゼリーを食べようとした

7月17日の<グレーテルのかまど>いかがでした? 「冷たい1杯でぽっかぽか」。 冷たいのにぽっかぽか、ですよ。また難しい。矛盾してますからね。 というわけで今宵紐解くのは「関西夏の味 松井今朝子の冷やしあめ」 「冷やしあめ」ってとても地域限定の飲み物です。 まず東日本の方々はご存知ないでしょうし、関西の夏の味の定番と言われますが、現在ではなかなかお目にかかることはありません。 かつては大阪や京都の

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る