1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど

1月15日放映の<グレーテルのかまど>ご覧になられましたか? なかなかグレーテルの残したメッセージが意味深で、目にした時は「なんのことやら」でしたでしょ?そのメッセージは「あやうさを味わいたい!」でした。 かまど「ああ、あやうさといえば、あのお菓子ねっ」 という事で紐解かれたのは「映画『グランド・ブダぺスト・ホテル』のコーティザン・オ・ショコラ」です。 この映画の中でコーティザン・オ・ショコラは

みなさま、新年あけましておめでとうございます。 本年も<グレーテルのかまど>よろしくお願いいたします。 ということで8日放映2018年最初の<グレーテルのかまど>いかがでしたでしょう? キッチンにもお正月の飾りがあり、グレーテルのメッセージは 「Happy White New Year !」 ホワイトニューイアー? ホワイトクリスマスとは言いますけれどね・・・。 グレーテルのメッセージだからもちろ

12月18日の<グレーテルのかまど>はいかがだったでしょう?オードリー・ヘプバーン主演で映画にもなった「ティファニーで朝食を」の原作者であるアメリカ文学界の異才とも言えるトルーマン・カポーティ―が登場。 トルーマン・カポーティ―は弱冠19才で彗星のごとくアメリカ文学界にデビューし、23才のとき最初の長編『遠い声・遠い部屋』で若き天才作家との評判を確実にしました。その後は単に小説だけにはとどまらず、

師走ですね。クリスマスも近づいています。 今週の月曜日、11日放映の<グレーテルのかまど>はちょっと早めのクリスマス気分を味わうことのできた内容でしたね。 はい、ということでこの日グレーテルが残したメッセージ「ひと足早い クリスマス☆」。  このクリスマスは私たちに馴染みのあるクリスマスではなく、 12月6日にフランスのアルザス地方などでお祝いされる『聖ニコラウスの日』のことです。 聖ニコラウスは

秋も深まってきましたね。 秋の夜長は<グレーテルのかまど>がより恋しくなりませんか? さて、昨日の<グレーテルのかまど>いかがでしたでしょう? 「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」という冒頭の一文をご存知ないかたはいらっしゃらないでしょう。 そして、この有名な詩以外にも「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」等々。 童話とも寓話ともとれる素晴らしい作品を残した宮沢賢治が主人公でした。 グレーテ

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る