1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?>今から30年ほど前に、ドイツ南西部のオッフェンブルクという町にある「メツゲライ Metzgerei(肉屋)」(注1)で、ハムやソーセージ作りの修行をさせていただいたことがあります。私の専門はフランス料理ではありますが、この時の体験によってドイツのハムやソーセージといった食肉加工品の多彩さや味わいに魅せられ、現在に至っています。 ドイツの食肉加工

毎日新聞夕刊(関西版)8 /2(火)号に掲載されている「落語食堂」さて、落語食堂<らくしょく>開店です!今回は、連載50回を記念したイベント「まんぷく亭」ということで、特別バージョンです。落語は「寄合酒」と「崇徳院」。2つの落語の世界観を料理で表現した、日本料理・若林聡子先生のレシピを紹介します。◎鯛ご飯 ⇒ レシピはこちらそれでは、次回の落語食堂もどうぞお楽しみに^^

<【ベンチタイム】ってどんなコラム?>M(松井): 前回は機械ごねで山食パンを作りました。今回は国産小麦を使って手ごねで山食パンを作ってみましょう!A(浅田): ここ数年で国産小麦がよく出回るようになったよね。製菓・製パン材料店でも手に入るし、最近ではスーパーでも売られていたりするし。O(尾岡): 私も街のパン屋さんに行くと国産小麦で作ったパンをよく見かけます!スーパーで売られている大手製パンメー

<【それゆけ!じゃぱに~ずクッキング♪】ってどんなコラム?>●いかの塩辛●熟成 今回ご紹介するのは「烏賊の塩辛」です。塩辛にはいろいろな種類があり、鰹の内臓で作った「酒盗(しゅとう)」、鮎の内臓で作った「うるか」、鮭の腎臓で作った「めふん」などが有名です。 これらはいずれも強めの塩を加えて、保存性を高めるとともに「熟成」させることで、アミノ酸が増えて旨味が増します。酵素などが働くことで、美味しくな

【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム? 過日、父の「たまには魚の炊いたやつが食べたいなぁ」というつぶやきと「いっぺんフランス料理かイタリア料理を作ってくれや」という言葉を受けて、(私としては「しょっちゅう作っているやろ」と言いたいところではあるが、まぁ、言っても仕方がないと割り切って・・・)いつものごとく重い腰を上げて腕をふるうこととなった。 スーパーで買った切り身のいさきとあまだいをポワレ

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る