1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど

11月8日放送のグレーテルのかまど「米原万里のハルヴァ」はいかがでしたか?   ハルヴァときいて「んっ、それ何?」 という方も多いはず。       ロシア語の同時通訳者で作家・エッセイストの米原万里さんが書いた 「旅行者の朝食」で紹介されたことによって どんなに美味しいお菓子なのか、食べてみたい。と グレーテルのかまどにもリクエストの多かったスイーツです。

11月1日放送のグレーテルのかまど「沢村貞子の大学芋」いかがでしたか?     さつまいもが美味しくなってくるこの季節。 今回は、シンプルで懐かしい味のする大学いもを作ります。     その味は、テーマでもある沢村貞子さんの生き方にも通ずるようなスイーツです。   実は、ヘンゼルこと瀬戸さん、大のお芋好き。 今日の収録は、ちょっとテンション高めです

10月25日放送のグレーテルのかまど、いかがでしたか?   日本にも、ファンの多いターシャ・テューダー。絵本画家、ガーデナーはもとより スローライフの先駆者ともいえる彼女が作ったパンプキンパイを作りました。     助手の山下久美子先生です。 カボチャとパチリ。ありがとうございます。   スタジオにも、カボチャのランタンを飾ります。 ハロウィンも近いことです

9月13日放送の「与謝野晶子の月見だんご」はいかがでしたか?多くの歌を残した与謝野晶子。11人のお母さんとは知りませんでした。艶やかな歌とは違った素朴そうな月見だんご。忙しい合間をぬっての、手作りのお菓子は子供たちにとっては、まさに母の味だったのかもしれませんね。今回のポイントは里芋。 皮をむいて、蒸します。蒸しあがりを、確認する松本先生。あとは、串をさしてスッと入ればOK!あわせて、生地が蒸しあ

7月5日放送のグレーテルのかまど「京女の"夏越しの和菓子"」はいかがでしたか?      6月は、衣替えの季節。夏への準備が始まります。     夏の訪れを感じる京都の習わし。蒸し暑い夏を無事に過せますようにと6月の末「夏越しの祓え」に食す和菓子が「水無月」です。    「水無月」は、京都ならではのお菓子。今回は、番組オリジナルの夏越しの和菓子です。     「水無月」は三角形。昔々は、氷が貴重品

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る