1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

食の世界で活躍を続ける「食業人」の今をインタビュー形式でお届けするWebサイト"PROFESSIONs"。新しい記事が公開されました。今回ご紹介するのは、『菓子職人の小屋 デタント』オーナーシェフパティシエ 相森真一さん。 『きっかけは少しの好奇心。経験を通じて人とのつながりの大切さが身にしみたからこそ、愛する地元に"想いをつなぐ"洋菓子を伝えたい。』菓子職人の活躍する姿に興味がわき、未知だった製

7月11日(土)に放送されたNHK BSプレミアムのスペシャルドラマ「56年目の失恋」で、辻調グループ(エコール 辻 東京)の秋元真一郎先生が、脚本監修・料理時代考証を務めました。<あらすじ>料理の専門学校を卒業し、レストランで働く新人料理人、中条あやみさん演じる中川沙織が、2020年東京オリンピックを前に、1964年東京オリンピックの時代にタイムスリップし、本郷奏多さん演じる菊地隆一と出会う。食

7月7日(火)の毎日新聞(夕刊)に「美食地質学入門」が掲載されました。テーマ食材は「水ナス」。 ナスの種類は多く、「小丸ナス」、「丸ナス」、「卵形ナス」、「中長ナス」、「長ナス」、「大長ナス」と形も大きさも様々です。 地域によっても特徴のある品種が栽培されており、京都の「賀茂茄子」のように伝統野菜として受け継がれているものも少なくありません。数あるナスの中で今回取り上げたのは、「水ナス」。大阪の泉

今日は七夕ですね!7月6日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。千年以上も前から食べられていた七夕のお菓子、ご存知でしたか?平安時代の貴族たちはこのお菓子に願いを込めていたのですね~さて、グレーテルが残したメッセージは、「ひねりを加えたい!」今宵ひもとくのは、「七夕のさくべい」。宮中行事について書かれた書物『年中行事秘抄』の7月7日の項目に記されている「さくべい」。もとは中国から入ってき

食の世界で活躍を続ける「食業人」の今をインタビュー形式でお届けするWebサイト"PROFESSIONs"。新しい記事が公開されました。今回ご紹介するのは、『オーグードゥジュール メルヴェイユ 博多』シェフ小岸 明寛さん。『地元九州の食材に刺激され、常に湧き出る創作のアイデア。白紙の状態で一流の技術を学べたからこそ、前衛的な独自路線を追求できた。』食べたことのない料理づくりに挑戦。未知の世界に強く惹

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る