1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

おしゃべりクッキングのムック 日本一の絶品おかず 肉のおかず編 が表紙の装いを新たに、重版しました! これまでの表紙(左)と 新しい表紙(右)  二品の料理写真が変更になりました。どちらがお好みですか? そして、おしゃべりクッキングの テキスト5月号 も発売されました! こちらは新緑のような緑とサーモンの赤が鮮やかな表紙が目印です。 特集の 粉もんレシピ では、日本料理初代・畑先生のお好み焼きレシ

食の世界で活躍を続ける「食業人」の今をインタビュー形式でお届けするWebサイト"PROFESSIONs"。新しい記事が公開されました。今回ご紹介するのは、パティスリー&ショコラ セルフィーユ/ル ショコラ セルフィーユオーナーパティシエ/ショコラティエ の権田啓嗣さん。 『学校でフランス料理に惹かれ、留学も経験。現地でのデザートづくりがきっかけとなり、地元愛知でパティスリー&ショコラトリーを開業。

4月12日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。お酒をたっぷり使う桜色のケーキ、あの人も大好きだったようですね。さて、グレーテルが残したメッセージは、「目指せ喜劇王!!」今宵ひもとくのは、「チャップリンも夢中!ツーガー・キルシュトルテ」です。世界の喜劇王チャップリンが、こよなく愛した「ツーガー・キルシュトルテ」。自ら何時間も車を運転して買いに行くほどお気に入りだったそうです。このケーキは

4月5日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。みんなお馴染みのあんぱんですが、今回は見た目も味もなんだかスペシャル。そして、思い出もぎっしり詰まっているんです。さて、グレーテルが残したメッセージは、「どこにいてもずっと一緒」今宵ひもとくのは、「大林宣彦の桜あんぱん」です。「映像の魔術師」と言われる映画監督、大林宣彦さん。型にはまらない斬新な映像で、数々の名作を作り続けてきました。そんな大

4月6日(火)の毎日新聞(夕刊)に「美食地質学入門」が掲載されました。テーマ食材は「アカザエビ」。今回は、愛知県の東三河にアカザエビを訪ねての対談となりました。対談場所は、豊橋市にある「ホテル アークリッシュ豊橋」の「RESTAURANT KEI」。このホテルは昨年、愛知県出身の将棋の藤井聡太2冠が王位戦第一局を戦ったところです。さて、名前のアカザは植物の名に由来するとのことですが、日本近海にはア

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る