1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

3月3日(火)の毎日新聞(夕刊)に「美食地質学入門」が掲載されました。 テーマ食材は「マグロ」。持続可能な漁業の必要性が叫ばれる昨今。 そんな中、延縄(はえなわ)漁船のみを受け入れている和歌山県の紀州勝浦漁港は、生マグロの水揚げ高日本一。 延縄船の船上ですばやく活け締めされ冷水保存(氷温)することで、鮮度を保ったまま港に運ばれる。 ブランド名を『紀州勝浦産生まぐろ』といいます。 熊野の山から流れ

3月2日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。シンプルだからこそごまかしが利かない。何度も作らないと極められない。そんな奥深いケーキにぜひ出会ってみたいですね。さて、グレーテルが残したメッセージは、「とりあえず1回目。よろしく!」今宵ひもとくのは、「阿川佐和子のチーズケーキ」です。タレント・エッセイスト、女優としても活躍する阿川佐和子さん。幼い頃からチーズケーキをこよなく愛し、これまでも

いよいよ3月!月刊おしゃべりクッキング3月号 も発売中です。 緑のあざやかなそら豆の表紙に、温かくなる予感が感じられます。掲載料理の中にも、春をさがしてみてくださいね。今月もどうぞよろしくお願いします。 バックヤードのモニター画面には、収録前の暗いスタジオ。どうやら石川先生とアシスタントの先生が打ち合わせ中のようです。 本番ではピカピカのまぶしいセットですが、だいぶ雰囲気が違いますね。アシスタント

2月17日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。古来より食べ継がれてきた神聖な菓子。源氏物語の中では、もう若くない光源氏を象徴するものとしても描かれていたとは、驚きました。さて、グレーテルが残したメッセージは、「花より葉っぱ」今宵ひもとくのは、「源氏物語のつばきもち」。平安時代中期に描かれた「源氏物語」の華やかな場面に登場する椿餅。若者たちは蹴鞠に興じ、運動の後に椿餅を頬張る。41歳の光

今週は 和洋中のカツ をお届けしました。揚げ油を準備するのが面倒だなあと思うけれど、やっぱり揚げたてアツアツのカツはおいしくて、元気が出ますね! しっかり食べて、元気にいきましょう!収録準備中のバックヤードには、ニンニクのみじん切りが。 みじん切りなので当たり前ですが、やっぱり細かいですね。こちらは中国料理チームのみじん切りでした。今日はたくさん使うのかな。量も多めに準備してありました。 そしてこ

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る