1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

毎日新聞夕刊(関西版)5/2(火)号に掲載されている『落語食堂』さて、落語食堂<らくしょく>開店です!今回より、担当する先生が新しくなりました!日本料理・太田好成先生初登場です。今回の落語は「近江八景」。二人の男連れがいた。ある男が遊女・紅梅と夫婦になる、と口約束をした。しかし友人から、すでに紅梅には他に相手がいる、と聞かされ・・・さて、太田先生はどんな料理で落語の世界観を表現するのでしょう。まず

昨日5月1日放映の<グレーテルのかまど>いかがでした? グレーテルのメッセージは「白か?黒か?」。  ヘンゼルは懐かしい紙相撲をして遊んでいましたよね。 はい、当然相撲の話です。 今回、紐とかれたのは元大関琴欧州こと、鳴戸親方の"ゼブラケーキ"。 鳴戸親方はブルガリア出身の力士。 そして今日ヘンゼルが作るこの"ゼブラケーキ"はお母さんとの絆をつなぐケーキだったのです。 では、早速作っていきます。

こんにちは。おしゃべりクッキング担当のShiotti(しおっち)です(^^♪まもなく5月!そして、明日からはゴールデンウィーク!!みなさんは、どんな風に過ごされますか?ちなみに、大阪では4年に1度開催される「食・博覧会」が開催され、辻調の先生が協力します^^現在、月刊テキスト5月号が発売中!!小池先生「番組もテキストも楽しんでくださいね~♪」5月1日~のテーマは、「子どもが喜ぶメニュー」。連休中に

こんにちは。おしゃべりクッキング担当のShiotti(しおっち)です(^^♪新年度が始まり、まもなく1ヵ月ですね。新生活を始めた方は、少しずつ慣れ始めたころでしょうか。だんだんと気候が春らしくなり、うれしい季節ですね。さて、本日はおしゃべりクッキング月刊テキスト5月号の発売日!テキストと番組を一緒にみれば、バッチリですよ~。また、テキストには放送されるメニュー以外に、「旬の野菜でもう1品!」「カン

今週の<グレーテルのかまど>、いかがでした? 今回スポットを浴びた人物は、日本文学の巨匠永井荷風。 フランスやアメリカでの生活経験があり、二度の離婚を経験した荷風。その後生涯を"一人"の生活を貫きました。 小説を書くかたわら自宅の一隅を"断腸亭"と名付け、自らをそこの主人とし、 1917年から1959年になくなるその前日まで『断腸亭日乗』という日誌を書き続けました。 この中に書かれているのはなんの

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る