1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

5月15日の<グレーテルのかまど>は、私たちにも関係の深いフランス第2の都市リヨンの象徴的なお菓子が登場しました。 リヨンは美食の都としても有名な都市です。 「ブション Bouchon」と呼ばれるリヨン風ビストロが軒を連ねる通りや 世界遺産にも指定された風情ある街並みの旧市街。 美味しそうな数々のお菓子が店頭に並ぶお菓子屋さんも数多くあります。 そんななかにひときわ目をひく鮮やかなグリーン色で少し

こんにちは。おしゃべりクッキング担当のShiotti(しおっち)です(^^♪2週間ぶりのブログ更新となりました!今日もスタジオ裏の様子をお届けしまーす。石川先生は、調理中。そこから。盛り付け中ですね。より料理がおいしく、よりきれいに見えるように。 さて!新しい中国料理の助手の先生を紹介します。田澤先生です。これから、よろしくお願いします。5月15日~のテーマは「こんにゃくを使って」。定番の食材がい

この竜のぬいぐるみを目にしたことある方はいらっしゃいますよね。 そのとおりです。 この竜を救うために少年エルマーが大活躍するお話「エルマーのぼうけん」です。 そして、グレーテルが書き残したメッセージがこちら。 「ワニも竜も夢中になるあの味・・・」 少年エルマー + ワニも夢中になる味 = ぼうつきキャンデー ということで8日の<グレーテルのかまど>は「エルマーのぼうけんの"ぼうつきキャンデー"」

毎日新聞夕刊(関西版)5/2(火)号に掲載されている『落語食堂』さて、落語食堂<らくしょく>開店です!今回より、担当する先生が新しくなりました!日本料理・太田好成先生初登場です。今回の落語は「近江八景」。二人の男連れがいた。ある男が遊女・紅梅と夫婦になる、と口約束をした。しかし友人から、すでに紅梅には他に相手がいる、と聞かされ・・・さて、太田先生はどんな料理で落語の世界観を表現するのでしょう。まず

昨日5月1日放映の<グレーテルのかまど>いかがでした? グレーテルのメッセージは「白か?黒か?」。  ヘンゼルは懐かしい紙相撲をして遊んでいましたよね。 はい、当然相撲の話です。 今回、紐とかれたのは元大関琴欧州こと、鳴戸親方の"ゼブラケーキ"。 鳴戸親方はブルガリア出身の力士。 そして今日ヘンゼルが作るこの"ゼブラケーキ"はお母さんとの絆をつなぐケーキだったのです。 では、早速作っていきます。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る