1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

最終話いかがでした?お市の方、茶々が助かった裏には平成のフレンチ料理人ケンの力があったんですね。 でも、ここで話が終わったのでは「信長のシェフ」としてはそのミッションを完遂してませんよね。と言うことは・・・続編? 今回も天才料理人ケンは毎回毎回の信長の難題を料理で解決しました。 ★★★今回の撮影は寒さの中で始まり、暑さの中で終わりました。最後の「撮影裏話」は<信長のシェフ>のシェフたち(辻調の先生

毎度!、kuboT!です。9/8~のテーマは「ちくわとはんぺん」お馴染みの食材 ちくわとはんぺん…。私もおでんを頼む時、間違いなくちくわは外せません。でも調理法といえは…あまり思い浮かばないのも事実。9/8の週でレパートリーを増やしてみませんか?まずご紹介するのは、岡本先生が担当する「はんぺんのふわとじ」やわらかいはんぺんの食感ととろっとろの玉子の食感が癖になります。ち

毎日新聞夕刊(関西版)9/2(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!今回のお噺は、「こぶ弁慶」。伊勢参りの帰りに立ち寄った宿での出来事。皆でドンチャン騒ぎをしていると「壁土が好きだ」と言う男が壁土を食べ出した。すると、壁土に塗り込められていた弁慶の絵が乗り移り・・・首にできたこぶが弁慶の顔になって体を操られるというお噺。お噺の弁慶になぞらえて料理したのは、日本料理の山下彰啓先生。まずは乾

1週間空いての第7回目(第8話)の放映です。 この第8話は今回の料理関連の撮影の中で1、2を競う大変な内容でした。 もちろんケンにとっても大変な難題でした。 例によって信長はケンにとんでもない命を下しました。「室町幕府をその手で滅ぼして来い」。そして、「美味いものを食わしてやれ」と想定していない食材を指定します。 それは“すっぽん(亀)”です。 日本料理の先生方は手ぐすねを

まだまだ暑いですが、どこか秋の気配が…あっ、kuboT!です。9/1~のテーマは「常備菜のバラエティー」常備菜とは…、日持ちがして、 まとめて作り置きにできるおかず。きんぴら・佃煮(つくだに)・煮豆・ひじきの煮物など…ですが、9/1の週にご紹介するのは、チョッと新しい常備菜!まずご紹介するのは、岡本先生が担当する「昆布のうま煮梅風味」昆布の旨みに豚肉のコク

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る