1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

まな板の種類、選び方、お手入れ方法。 エコール 辻 東京 日本料理 岡田 裕先生が 知っているようで知らない【まな板の基本】を監修しています。   この本には、調理の基本だけでなく、 掃除・洗濯の基本、ボディケアの基本、マナーの基本など 暮らしで役立つさまざまな【基本】が紹介され ています。   『暮らしの基本 おさらい帳』天然生活ブックス 地球丸/刊 1300円+税

現在発売中の『Meets』3月号は「三都中華」のタイトルで「京都・大阪・神戸それぞれの味がある」という切り口で3都市の“中華料理”を特集しています。   「三都中華の100年史」や「俺的、わがまち大衆中華」、「中国料理王宮料理を知る」等々。大衆中華から高級中国料理まで、三都に根付いた“中華料理”が掲載されています。   この中で辻

毎度!、kuboT!です。02/09~のテーマは「赤身肉でヘルシー」柔らかい霜降の牛肉がもてはやされ赤身のお肉は敬遠されがちでしたが、最近の健康志向に準じ赤身の牛肉が評価され始めました。しかし火通しが強いと硬くなってしまうのも赤身肉。でも大丈夫。ポイントを押さえれば、簡単に柔らかく調理できますよ。まずご紹介するのは、岡本先生が担当する「牛肉のしぐれ煮」今回は、スライスされた牛ももを使います。ポイン

毎日新聞夕刊(関西版)2/3(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!今回のお噺は、「井戸の茶碗」。紙くず屋が、普段は扱わない仏像を売り、その仏像から大金が出てきたことから騒動が始まる。誰も大金を受け取ろうとせず、困った紙くず屋は大金を渡す代わりに古くて汚い茶碗を受け取るが、この茶碗がかの有名な井戸の茶碗で・・・と、高価なものが次々出てくるのに悪者がいない、楽しいお噺。全く料理が登場しない

1月30日(金)放映の「おちゃのこSai Sai」は西洋料理の内田先生が担当。 食材は大阪の羽曳野市「株式会社 大地の恵」さんの黒にんにくです。黒にんにくの風味はというと? 熟成発酵の結果、にんにく特有の辛味、そして、あの独特のにんにく臭がありません。少しかじってみると口内に広がるのはむしろプルーンのような香りと風味です。 黒にんにくの色、そして一種フルーティーな風味。西洋料理の内田先生が思いつい

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る