1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

1月30日(金)放映の「おちゃのこSai Sai」は西洋料理の内田先生が担当。 食材は大阪の羽曳野市「株式会社 大地の恵」さんの黒にんにくです。黒にんにくの風味はというと? 熟成発酵の結果、にんにく特有の辛味、そして、あの独特のにんにく臭がありません。少しかじってみると口内に広がるのはむしろプルーンのような香りと風味です。 黒にんにくの色、そして一種フルーティーな風味。西洋料理の内田先生が思いつい

毎度!、kuboT!です。 02/02~のテーマは「体の芯から温まる」 まだまだ寒い2月…温かいものを食べて基礎体温を上げましょう! まずご紹介するのは、 宮崎先生が担当する 「かぶとホタテのとろみスープ」 冷え込むことで甘みが増すかぶらをすりおろしてスープにしちゃいます。 味の決め手はホタテ。 ホタテはお手軽な缶詰を使います。 ほぐし身にするので、安価な割れ身かほぐし身の缶で十分。

12月19日放送の「ハリーポッターのホームメイドファッジ」はいかがでしたでしょうか?   あれ。またもやサンタが寝ています。今度は、かまどの前で・・・    さびしいねーちゃんのためにヘンゼルがファッジを作ります。   世界中で愛されているファンタジー「ハリーポッター」。その中に出てくるホームメイドファッジが今回のスイーツです。   ほろほろと、甘

毎度!、kuboT!です。 01/26~のテーマは「調味料の裏技」 皆さんお馴染みの調味料を使って一週間披露します。 まずは若林先生がご紹介する 「豚肉のウスタードレッシング」 そのままでも美味しいウスターソース。 酸味を甘みをチョイ足ししてお肉にも野菜にも良く合うドレッシングにしてみました。 お肉も野菜もモリモリ食べれるソースに仕上がってます。 続いては、 宮崎先生がご紹介する 「わかさぎのチリ

先週、1月16日、今年初めての「おちゃのこSai Sai」の放映でした。 素材は日本酒造所がつくった酒粕。担当は日本料理の村島先生でした。 日本料理と酒粕、一番先に思いつくのは「粕汁」でしょうか。 それではなんの新鮮味ない、ということで村島先生が考えたのが「酒粕と豆乳のクラムチャウダー」。 今回使用する酒粕は純米酒から作ったもので、プレスもそれほどかけていないので酒そのものの旨みが出ています。 酒

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る