1. 総合情報サイトTOP
  2. 辻調の本

新刊のご紹介

辻静雄 著


発行年月日 2004年12月10日
出版社 筑摩書房
定価 1200円+税

料亭「吉兆」の主人・湯木貞一氏を案内してヨーロッパ最高峰のレストランを訪ねた旅の紀行<ヨーロッパ一等旅行>と、フランス料理の最高水準を体現するパリの一流レストラン31店の興趣尽きないエピソードや特別料理について綴った<パリの料亭>を収録。大きな転換期を迎えた1970年代当時のフランス料理の姿を今に蘇

辻静雄 著


発行年月日 2004年11月10日
出版社 筑摩書房
定価 1200円+税

第2巻に収められた<料理人の休日>は「私の勉強法」「交友録」「日本のフランス料理に携わる人々と」「日本料理」などの章からなり、学ぶこと、教えること、そして料理することの意味を問い続けた前校長の思索の跡を浮彫りにした作品。併せて収録された<エスコフィエ>は現代フランス料理の基礎を築いた巨匠エスコフィエ

上沼恵美子のおしゃべりクッキング18

辻調理師専門学校他 編


発行年月日 2004年10月30日
出版社 学習研究社
定価 1400円+税

好評放映中の「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」で紹介された料理をすべて掲載したシリーズ本も人気が高く、18巻目が発売されました。今回は、2003年9月8日~2004年3月12日に放映されたメニューを集めた秋冬編。この季節だ からこそおいしい食材や調理法をテーマに、畑先生、本多先生、小阪先生のアイデ

辻静雄 著


発行年月日 2004年10月10日
出版社 筑摩書房
定価 1200円+税

辻静雄前校長の著作集成全3巻が筑摩書房より刊行されます。第1巻は、フランス料理の楽しみ方、心に残る食卓の情景を愉楽あふれる筆致で綴った<フランス料理の手帖>と、歴史的・文化的視点からフランス料理にアプローチした<舌の世界史>を収録。

ワインの文化史

DATE
2004年09月25日

ジルベール・ガリエ 著
八木尚子 訳


発行年月日 2004年9月25日
出版社 筑摩書房
定価 6900円+税

王侯から農民、労働者まで、修道士から詩人、兵士まで、フランス人がいかにワインを飲んできたか、飲む側に焦点を当てたワインの歴史。中世以来、ロゼや白の新酒が消費の中心だったフランスで、熟成したコクのある赤ワインが重んじられるようになったのは、そう古いことではない。そもそも銘醸ワイン産地メドックの開発が始

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る