1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

こんにちは。「おしゃべりクッキング日記」です。 ただいま、スタジオは収録の真っ最中。   まもなくやって来る出番に向けて、 スタジオ横のキッチンには色鮮やかな野菜がスタンバイ。   ・・・とその横で、顔をしかめるW先生。気分でも悪いのかと心配していたら、 実は「きゅうり」が苦手なのだそうで(笑) 料理の先生たちだって、やっぱり苦手なものはあるんですね。 そこで聞いてみました、先生たちの『苦手な食べ

映画「洋菓子店コアンドル」で、製菓制作、演技指導を担当した、「エコール 辻 東京」の大川満先生は、じつは、映画・ドラマの経験豊富な先生。 映画「交渉人 真下正義」にも参加しています。 https://www.tsujicho.com/media/kosyonin/index.html 経験豊かな大川先生。 でも、「洋菓子店コアンドル」の現場は、そんな先生もびっくりの、すごい現場でもありました。 そ

■ 1月14日■ この日の撮影協力は料理も作りませんし、所作指導でもありません。 では何をするか? 元板前の研二がきれいに片付けられた森井家の台所のチェックです。 このシーンは月子の視線がなめるように片付けられた台所を見ていきます。 *片付ける前の台所セット 元板前という設定の研二が片付けた台所。 素人が片付けるのとではやはり様子が異なるようです。 基本は何かが台所に出されたままではだめなようです

■1月13日■  この日も寒い日でした。今日撮影予定のシーンで登場するのは「わらび餅」と「味噌汁かけ御飯」です。 朝から純正のわらび粉を練りあげ、複数回の同シーンの撮影にも間に合うように多目の分量の「わらび餅」を練り上げていきます。 一方、「味噌汁かけご飯」です。これは森井家に飼われているハチという犬用のものです。 でも、この「味噌汁かけご飯」をつくるのは元板前の研二ですから、気は抜けません。本当

■ 1月8日■ 今日の撮影は料理の山場のシーンのひとつです。 研二とオカンが一緒に料理を仲良くつくるシーンの所作指導及び研二が買い出しに行き、本格的に自分の技量を発揮し、料理をふるまうシーン。 所作指導に関しては台本の台詞が不自然にならないようにということを念頭に的確な指導を展開。料理をふるまうシーンは今回の協力業務の中でももっとも数多くの料理が食卓に並びます。このための器選びも苦労していました。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る