1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

<【菓子まし娘のお菓子講座】ってどんなコラム?> かしまし娘の ビスコッティ・ディ・プラート よもやま話 夕子(以下Y):Buon giorno!(ボン・ジョルノ!) 歯が丈夫な皆様、集まってください! 今日はイタリア、トスカーナ州のお菓子、ビスコッティ・ディ・プラートです。 麻紀先生、今日の歯の調子はいかがですか? 麻紀(以下M):歯の調子ってぇ~。人をお婆ちゃんみたいに言わんといてよ! じょう

<【日本料理一年生】ってどんなコラム?> ●かやくご飯● 本年度の料理一年生は、私たち日本人の主食である「ご飯」にスポットを当ててお話したいと思います。最初は、誰もが馴染みのある「かやくご飯」です。「かやく」といっても爆発する「火薬」ではありません。漢字では「加薬」と書きます。関東では「五目ご飯」といわれる「炊き込みご飯」です。 この「かやく」を小学館の『日本語源大辞典』で調べると、 ◆中世頃には

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?> 手元に2冊の料理書がある。 「ビストロブック」と「決定版ビストロレシピ」 どちらも2010年夏、柴田書店から刊行 特に前者は近頃の私のお気に入りの一冊、日によっては何度と無く私の心が頁を彷徨う。 「ビストロブック」には、フランスのいろいろなお店の様子が紹介されていて、フランスで生活した経験がさほど長いわけでもない私ですら、郷愁を誘われる。また取り上げら

<【菓子まし娘のお菓子講座】ってどんなコラム?> 菓子まし娘のヴォロヴァンよもやま話 *作り方の方程式* 折り込みパイ生地+カスタードクリーム&生クリーム+フルーツ=ヴォロヴァン 知恵美(以下C):今日はいちごたっぷりのせて「ヴォロヴァン」を作ります。 このパイケースをしっかり膨らませて・・・では、では菓子まし娘の新入り娘!! クリームがたっぷり入るようにくり抜いてね。 美貴(以下Mi):はいっ、

<【好吃(ハオチー)!中国料理!】ってどんなコラム?> 塘:今回初めてコラムを担当する、われわれの仲間を紹介いたします。自己紹介をどうぞ! 三次:初めまして。三次良享(みつぎよしゆき)と申します。出身はおしゃれの街、神戸です!神戸出身であることを、人に話すとよく「神戸っぽいね」と言われます。神戸は海と山に囲まれたとても良い所です。今までコラムを掲載して来られた先輩に負けないよう、頑張ります。 塘:

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る