1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。 今回のお噺は、「京の茶漬け」。京都では、お客さんが帰るときに「ちょっと、お茶漬けでも。」とあいさつをすることがあったそうで・・・。今もその風習は残っているとか、残っていないとか・・・。このお噺では

【菓子まし娘のお菓子講座】ってどんなコラム? 菓子まし娘のバルケット・オ・マロン よもやま話 *作り方の方程式*パート・シュクレ+クレーム・フランジパンヌ+マロンクリーム=バルケット・オ・マロン(小舟形の栗のタルト)  夕子(以下Y):まだまだ暑いですねぇー!!でも、そろそろ食欲出てきていませんか?ついつい食べちゃいますよね!これからおいしい秋が始まりますよ!そこで今日は、夏の海の雰囲気

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?>   ご存知の方も多いと思いますが、クスクスとは、硬質小麦を細かい粒状にした、パスタに似た食品。フランスではこの粒状の食品は、「クスクス」のほか「クスクススムール」や「スムール」と呼ばれ、広く親しまれています    クスクススムール   このスムールを、ゴロゴロとしたたっぷりの野菜と、煮込んで柔らかくなった肉や魚介

<【おやつ!おかし!和菓子!】ってどんなコラム?> ●すいーとぽてと●上元:齊藤先生!実はこの間の休みに芋堀りに行ってきたんです!さつまいもたくさん採ってきたんですけど、食べませんか?齊藤:お、いいね!せっかくだから落ち葉集めて焼き芋にしようよ!上元:蒸して食べるのではダメですか?齊藤:上元君、大事なのは雰囲気。秋といえば落ち葉で焼き芋!これは昔からの決まりよ(-ε-)b"上元:先

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?>フランス校生活では夏と冬、共に約3週間ずつヴァカンスがあります。フランス人の多くも夏のヴァカンスを楽しみにしており、太陽を求めに南フランスや諸外国への旅行をします。僕は今年の夏のヴァカンスで、以前(2008年) と同じくギリシャに行ってきました。その時は一般的な料理や飲み物などを紹介しましたが、今回はさらに踏み込んで独特の食文化をレポートします

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る