1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報

いよいよ撮影もクランクアップ間近。こうなると全スタッフ最後のパワーを出します。 今日もオープンセットでのロケです。様々な屋台が立ち並び、たくさんの人たちが行き交う様子が撮られます。   この日のロケでは今回の辻調グループのスタッフの一人日本料理 岡本先生が江戸の「天ぷら屋」に扮して出演しています。 台詞もありますよ。「イカ、もらうよ」とか「キス、もらうよ」とか言いつつ屋台に群がる町民

ドラマ「息もできない夏」最終話、いかがでしたでしょうか。無戸籍・贖罪・家族・父と子・職場関係・・・と問題の絶えないドラマでしたが無事にそれぞれの結末へと落ち着き、穏やかな終了となりました(よかった、よかった・・・)さて、ドラマのクランクアップ日。3ヶ月サポートしてきた「シャルロット」の厨房シーンが最後の撮影シーンとなりました。武井咲さん最後のシーンを、見守る先生たち↓やりきった感あふれる

撮影も2週間経過してくると役者さんを初め、撮影スタッフ、そして辻調グループの先生方もさすがに少し疲労の色が出てきます。なにしろこの夏の京都の暑さは異常で、連日35℃を越える酷暑でした。セットの中は冷房があるとは言え、巨大な送風冷房器によるものですので、毎回の本番でストップさせますし、ものすごい数のスタッフが中では動いていますので冷えているという状況ではない、というのが現状です。 バックヤードの調理

さて、「みをつくし料理帖」撮影裏話②です。今回はロケ収録とオープンセットでの撮影の模様をお伝えします。 そもそもこういったドラマ、あるいは映画の撮影は時系列的にシーンを撮っていくのではなくて、バラバラなんですね。それを後で監督が時系列に編集していくのです。ですからしっかりと台本を確認しながらでないと次のシーンがどこなのかがわからなくなります。 ロケ収録やオープンセットは雨に降られたりしますと別日に

売れに売れている「みをつくし料理帖」が今週の土曜日(22日)いよいよスペシャルドラマとして放映されます。時は江戸時代、上方からやって来た天才的な感性を持つ澪という若い女性が料理を通じて成長していく話です。料理を志す人ならビビッとくる内容です。主人公の澪を演じるのは北川景子さん。 このドラマの撮影は7月下旬~8月下旬にかけて京都の太秦にある東映撮影所にておこなわれました。料理がもう一人の主役ともいえ

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る